正確にはまだ59歳と10ヶ月です

 ブログ名に60歳と入っていますが、正確にはまだ59歳と10ヶ月です。 以前やっていたブログにはアラフィフという言葉が入っていました。

つまり10年以上ブログをやっているわけですが、悩みに悩んだ末、一から始めることにしました。 なので、内容はまだ少ないですが、しばらくの間は毎日更新できたらいいなと思っています。

このブログは、60歳からも楽しもうというつもりで書いているのですが、それを書くためには、過去にこんなことがあったので、それを克服したいという思いもあるのです。

そのなかのひとつが英語。

私、英語が大嫌いでした。

私の年齢から分かるように、英語は中学生から習うことになっていて、最初の頃はまじめに授業を受けていたと、自分では思っています。

ところが、1学期の中間テストで0点だか5点だかを取ったのです。 点数は、はっきり覚えていません。 まだ This is a pen. の段階でですよ。

本人はいたって真面目に勉強もしたはず。 本人の中ではちゃんと This is a pen と書かれているはず。 なのに、×。 もう意味分かりませ~ん状態。

種明かしをすれば「.」がないから × なのですが、おバカな私にそんな事気がつくはずも無く、英語は嫌いだ!になってしまったのです。

今の私なら、この時どう修正すれば次のテストにつなげられたのか!というのは分かります。 ところが、中学生くらいまでの私は本当におバカで、バカは何やっても分からないから仕方ないよなって考えになってました。

おバカエピソードのひとつですが、私が中学1年の時、親が担任から「特殊学級に入ったらどうだ?」と言われたそうです。 

今、俯瞰的に見ると【先生がこのように声かけをしていたら変わっていたのに】というのがあります。 ただ、悪いことばかりではなく【先生があのように接してくれたことが、いまの自分の役に立ってるよね】というのもありますが・・・ 

私が今やっていることは、今までの伏線を回収ではないかと思い始めています。

回収しないといけないものはひとつではないですが、この英語ってやつは、私の精神上での足かせになっているように思えるのです。 あの私の最初のテストに0点だか5点だかを付けた先生を見返したい? いや、私自身に「やれば出来る子だよ」と教えたい?

60歳を目の前にして、精神的な大きな階段を上るために決めたのが 英検3級合格 小っさ!って思いました?(笑) TOEIC ではなく 英検としたのは、中学生っぽいから。

受験は来年になりますが、頑張りたいと思います。

えっと、受かるまではここで報告しませんので、そこんところはよろしく~

  • ブログ村のブログランキングに参加しております。
    にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へにほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ