我が家に食器洗い機がない理由

 我が家には、食器乾燥機はありますが、食器洗い機はありません。

今となっては、場所も取るし、子供達もとうの昔に成人し、家事育児に追われることもなく、何の不自由も感じておりません。

しかしですね、子供達が園児と児童だった頃は、自動食器洗い機を切望していたのです。

食器洗い機が欲しいというと、そんなに欲しいなら俺が食器洗い器になってやる。

と、夫は言ったのです。

そう、夫のモラハラ全盛期の頃です。

食事をしている最中に、汚れたままの魚焼き器が目に入ると、気持ち良く食事が出来ないと文句を言う。

園児、児童の世話をしながら食事を作り、熱い物は熱い状態で食べようとすると、使用した鍋類の片付けも食事をした後になります。

そんな計算さえ出来ない夫に、自動食器洗い機の便利さなど理解できるわけもなく。

さらに、毎回毎回食器を洗う手間などもしらないから、俺が食器洗い機になってやる の言葉が出るのです。

実際に食器洗い機になってくれたかと言うと、20年後に週1くらいの頻度でスイッチが入るようになりました。

あまりにものんびりした食器洗い機ですこと。

本当に、口先だけの男でした。

子供達との約束もそう。

守れないなら最初から約束するな という私と、その時だけ良い気分になりたい夫。

本気で約束しても、なんらかの事情で守れない事もあります。

でも、そうじゃないのです。

口先だけで言ってることが丸わかりなのです。

子供の心を守りたい私は、必死で食い下がりました。

すると夫は、分かった、もうなんの約束もしない!と言って機嫌が悪くなりましたが、それからは、本当にやると決めたことだけ約束してくれるようになりました。

食い下がって良かったと思ってます。

子供の心に影響しますからね。

おそらく、夫は、嘘の中で子供時代を過ごしたのだと感じています。

夫の姉と会った時、子供時代の話を聞くことがあるのですが、とても信じられない話も聞きました。

夫は、子供は親から騙されることは当たり前の事 と思っていたようです。

夫にモラハラしてる気持ちはまったくない、なぜなら、それが正しいことだから。

今は、ネットやテレビでも、モラハラ、セクハラ、パワハラが話題になります。

それを見て、自分もやったことがある と気づくようです。

気づける人間だから、離婚に至らなかったわけですが。

  • ブログ村のブログランキングに参加しております。
    にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へにほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ