一歩間違えれば死んでたよ

 今週のどっかで、桜を見に行こうと思っているのだ。

人の多い所は避けて、川沿いに咲いているところが良いな~

コロナ禍で、飲食をしながらの花見は禁止って方向だけど、私は、それに大賛成。

もともと、宴会って好きじゃない。

桜は、桜そのものを愛でたい。

5年ほど前、夫と娘の3人で、桜ではなく梅を見に行ったのね。

夫は、お酒がなけりゃ花見じゃない派なので、鞄にこっそりとカップ酒を入れていたのよ。

私と娘はカメラが趣味なので、お弁当を食べた後は撮影に夢中。

夫は、道ばたに敷いたシートの上でひとりで呑んでた。

その梅林は、電車とバスを乗り継いで行き、後はひたすら自分の足で歩く場所。

人一倍体力の無い人がアルコールを呑んで、その後は、ふらふらになりながら麓まで歩いてた。

この日は、私と娘でお酒の量を控えるように説得(強制)したので、何事も無く家に帰り着きました。

さあ、次の年。

自転車で10分の公園に、お友達と花見をすると言ってお昼前に出かけて行った夫。

夕方になっても帰って来ず、8時を過ぎても帰って来ず・・・

こりゃヤバイな~と思っていたら、電話・・・

警察からでした。

血まみれの状態で自転車とともに倒れており、救急車で搬送したとのこと。

本人曰く、何も覚えていないとのこと。

一歩間違えれば死んでたよね。

処置が終わって帰るとき、真夜中なのでタクシーに来て貰うしかない。

それを嫌がり、歩いて帰るという。

歩くと2時間、いや、あんたの足なら4時間かかるよと言ってもきかない。

病院のガードマンさんも一緒に説得してくれて、無事、タクシーに乗せて帰ることが出来ました。

それ以来、外でお酒をのむことはなくなり、花見の仕方で喧嘩をすることもなくなり。

毎年、花見の季節になると、このことを思い出す。

  • ブログ村のブログランキングに参加しております。
    にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 その他日記ブログ 心の声へにほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ